退団選手からのメッセージ

ノルディーア北海道を支えていただいた全ての皆さまへ

ご報告申し上げます。

大変残念ながら今期限りでの退団を決意した選手、スタッフから、これまで支えていただいた全ての皆さまに感謝と御礼のメッセージが寄せられました。今回退団する選手のなかには、ノルディーア北海道の前身であり、当チームを支えていただいた総合型地域スポーツクラブ「あつまスポーツクラブ」のレディース部門として2004年に誕生した「FC adooma」からの生え抜きメンバー、2005年〜2009年までの輝かしい北海道女子サッカーでの戦跡を残した「ASC adooma」(2007年改称)のメンバー、そして2010年チャレンジリーグ昇格を決め、2011年と、2年間に及ぶ全国リーグを惜しみなく戦い抜いた、勇敢で栄誉あるメンバーたち、さらには、U-15 からトップチームと共に、北海道を駆け抜けた若き才能のある選手など、チームとしても大変残念でありますが、それぞれの人生、それぞれのサッカーを目指して、退団を決意されたものと、心から拍手をお送りしたいと思います。

わたしたちノルディーア北海道は、先人達の創った歴史と伝統をこれからもリスペクトし続け、北海道女子サッカーの真の代表チームとなるべく、高い目標を掲げ、努力していく所存です。

サッカーを通じて、これからもこのご縁を絶やさず、違った場所、違った目標の中でも、いつでも、いつまでも、共に戦った季節を忘れることはありません。

これからもノルディーア北海道に変わらぬ愛を、勇気を注いでいただけましたら幸いこの上ありません。

いつの日か、また。

チームを代表して、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

ノルディーア北海道 代表 鉢 直人

退団選手よりメッセージ

No.1 小松 綾子

応援してくれるサポーターの力がとてつもなく大きいという事を実感させてもらえた、とてもとても貴重な 2年間となりました。チームスタッフを始め、職場の方、家族や友人、たくさんの方に支えていただき、本当にありがとうございました。

No.2 高橋 香織

adooma 時代からチームに所属し本当に色々な経験をさせてもらいました。サッカーをやってこれたのは監督はじめスタッフの方々、家族、チームメイトの力、そしてたくさんの応援があったからだと思っています。ピッチに立った時の応援は本当に力が入りました。今季で退団しますがこれからはサポーターとしてチームを支えていきたいと思います。最後にチームを作ってくれ、私をチームに誘ってくれた前山田監督にお礼をいいたいと思います。ありがとうございました。

No.3 加地 百代

23年度をもちまして退団することになりました。ノルディーアにはアドゥーマ時代から6年間お世話になり、これまで応援していただき支えてくださった方々には本当に感謝しています。私がこれまでサッカーをやってこれたのも本当に沢山の人に支えられ、たくさんの情熱的な人に出会えたからです。去年一年は私にとって環境をかえ、気持ちをこめて戦った一年で、とても特別な時間を送らせていただきました。結果こそだすことができませんでしたが、貴重で大切な一年をおくったこと、ノルディーアの一員であったことを誇りに思います。私はこれから生まれ育った町室蘭で新たに選手として活動していくことになりました。監督はじめスタッフの方々、選手、スポンサーさん、サポーターのみなさま、応援してくださったたくさんのみなさまありがとうございました。そして、これからもノルディーア北海道がチャレンジリーグに上がれるように応援よろしくお願いします!!

No.5 小寺 彩日

ノルディーア北海道を応援をして頂きありがとうございました。皆様の温かい声援にいつも支えられ、励まされ、サッカー選手としてプレー出来た事を本当に感謝しています!ありがとうございました。ディアリーバ (^-^)v

No.6 中村 麻衣

ノルディーア北海道として2年間。ノルディーアになるまで。本当に、本当にたくさんの方々に支えられ、みなさんに返しきれることの出来ないくらいの力と笑顔を頂きました。心から感謝申し上げます。「本当にありがとうございました」楽しい時も、苦しい時も今まで一緒にやってきた仲間・時間・チームはかけがえのない大切なもの。これからは別の道に進みますが、仲間・チーム・今までの自分に恥じないようこれからもっと精進していきたいと思います。本当にありがとうございました。そして、これからもノルディーア北海道を応援よろしくお願い致します。

No.7 森 美里

この度退団することになりました。 2年間チャレンジリーグで試合をすることができて凄くいい経験になりました。なかなか結果をだすことができない中いつも応援してくださった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。また違うチームでこの経験をいかして頑張りたいと思います。 2年間本当にありがとうございました。

No.8 神成 美紀

昨シーズン途中からの短い期間でしたが、みなさんの暖かい応援の中サッカーができ、幸せでした。恵まれた環境、スタッフ、サポーターのみなさんとサッカーができ本当によかったです。結果を残せなかったことは申し訳ないですが、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

No.10 佐野川 祐理

2年間応援ありがとうございました。全国のチームと試合を出来て本当いい経験になりました。この経験を活かしてこの先もがんばります。本当にありがとうございました。

No.13 森野 久美子

2年間ありがとうございました。ノルディーア北海道の選手として貴重な経験させていただきました。心から感謝申し上げます。

No.15 桜田 由佳

二年間在籍させてもらったノルディーア北海道を退団させていただくことになりました。今期サッカーと本気で向き合い、仲間と喜び、涙した日々は私にとってとても大きな財産となりました。チャレンジリーグの舞台を経験できたのも、スポンサー、サポーター、スタッフ、仲間、職場、家族、関わるすべての方々の協力と応援があってのものであり、心から感謝しております。今後のノルディーア北海道の活躍を願っています。今まで本当にありがとうございました。

No.16 真鍋 かおり

このたびノルディーア北海道を退団する事になりました。ここでの経験を糧に次の道でも頑張りたいと思います。二年間ありがとうございました!

No.19 曾川 琴乃

三年間アドゥーマとノルディーアでサッカーできたことでいろいろなことがわかりました。これからも自分の目標に向かって頑張りたいです。いままで応援してくださったサポーターのみなさん、ありがとうごさいました。

No.20 白木 星

今まで応援してくださりありがとうございました。ノルディーアでの経験を活かして常盤木でも頑張りたいと思います。

No.24 岩谷 恵理

昨シーズン、 7月から途中入団ではありましたが、サポーターの皆様、関係者の皆様の温かいご声援の中、ノルディーア北海道の選手としてプレー出来たことをとても嬉しく思い、感謝の気持ちでいっぱいです。私はチームを離れることになりましたが、これからのノルディーア北海道を函館から応援し続けます。短い間でしたが大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

No.29 小井 緑

新加入して一年、ユニフォームを着ることなく退団をすることに致しました。退団理由と致しましては『サッカーが好きだからこそ』ただ、それだけです。皆様からのブログでの怪我に対する温かいコメントや応援、本当に励みになりました。この退団を機に、サッカー選手としての引退を決意しましたが、これからもサッカーには携わって生きていきます。どこかでまた、皆様にお会い出来ることを楽しみにしています。本当にありがとうございました。

GKコーチ 本村 俊三

今回退団することになりました、GK コーチの本村です。皆様には暖かいご声援をいただき本当に感謝しております。私は二年間ノルディーア北海道に関わらせていただきました。短い間でしたが本当に素晴らしい経験をさせていただきました。この素晴らしい経験を私のこれからのサッカー人生に活かして頑張りたいと思います。皆様本当ににという短い間ありがとうございました。

コーチ 宗像 訓子

私、宗像訓子はノルディーア北海道を退団致します。北海道から全国に通用するチームを!と立ち上げた adooma から、山田監督の元で 8年間・そして、三浦監督の元で 1年間、微力ではありましたが、 9年間やってこれましたのも、周りの方々の支えがあったからこそだと思います。スポンサー様、サポーターの皆様の応援には大変感謝しております。本当に、ありがとうございました。これからもサッカーを愛する一人として、北海道の女子サッカー界を盛り上げていけるよう、今私に出来ることから、新たな道に向かい、一歩ずつではありますが、進んでいきたいと思ってます。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

2012-02-15 18:00 report webmaster